壮絶!僕の大学受験体験物語 〜中学生編〜

僕は近所の公立の中学校に進学した。

 

小学生のときに、父親から、

「良い大学に行けば、良い人生が送れるぞ」

「その先の人生ずっと安泰なんだ」

「だから、大学受験まで。大学受験までは勉強を頑張るんだ」

という洗脳を僕は受けていたため、それなりには勉強に励んだ。

 

しかし、洗脳による勉強のため、勉強に対する自分の感情はなかった。

「勉強をしなければ生きていけない。」

この気持ちだけが、僕を机へと向かわせていた。

スポンサーリンク

 

母親からも、

「勉強をしなさい」

「また休憩?勉強はいいの?」

と毎日のように言われた。

 

この頃はちょうど反抗期で、

「勉強をしなければ、学歴がなければ生きていけない。」

とは思いつつも、そんな母親の言葉がうざったく感じて、イヤイヤ勉強をしていた。

 

また、父親は他市への転勤が決まっており、単身赴任をすることになっていた。

父親の目もなかったため、

「勉強をしなければ」

という緊張感もそこまでは生まれなかった。

 

僕は180人近くいた中で、順位はいつも60位〜80位くらい。

真ん中よりちょい上?くらいの成績だった。

 

そんな僕に、

「はぁ。また50位にも入らないの?」

という容赦のない言葉が、母親から浴びせられる。

「うるさい。」

とは言いつつも、自らの成績に絶望している自分もいた。

イヤイヤながらも、それなりには勉強をしていたから、50位以内にも入れない自分の成績には正直、絶望していた。

 

テストの度に毎回絶望して、頑張って勉強するけど、また同じような順位。

それで勉強をするけど、また同じような順位。

というあまりに残念なループを繰り返すうちに、気づけば中学3年生になっていた。

 

親からは、

「公立の高校であれば、A高校かR高校に行きなさい」

「それがダメなら私立の高校に通いなさい」

と言われていた。

 

しかし、それはあまりに無謀すぎる挑戦を意味していた。

A高校は県内で1番偏差値の高い高校で、中学校内でコンスタントに20位以内。

R高校も県内で5本の指に入る高校で、中学校内でコンスタントに40位以内。

に入っていなければ、合格するのは難しいと言われていたからだ。

 

残念なことに僕は40位以内に入ったことは、1度たりともなかった。

公立高校に受からなければダメといった雰囲気が、塾内や友達の間であったため、

「なんとかしてR高校には合格したい。」

そんな思いがいつしか、僕の中では生まれるようになった。

 

しかし、それまでそれなりに勉強を続けていて、60位〜80位くらい。

それなりに勉強して60位〜80位だから、ここから成績を伸ばすのはけっこう厳しい。

 

そして高校3年生になってから、初めての模試を7月に向かえることになる。

判定は・・・

D判定。

合格可能性は20%〜40%。

努力圏だ。

しかも、あと1偏差値が低かったら、E判定という絶望的な状況。

 

親からの命令で、志望校を下げられない僕にとっては、これはかなりダメージを受けた。

 

前回の記事でも書いたように、僕は何をするのにも不器用な人間。

ちょっとだけ得意な数学。

気合いで点をもぎ取れる理科と社会。

3つの科目で、得点を死守する。

 

英語は一番の苦手科目。

僕:「マジで意味わからん。何で未来系はwillなの?」

先生:「決まりだから覚えろ!」

こんなやり取りがいつも塾では行われ、先生を困らせたものだった。

これはまた後の話になるが、この英語という科目には中学生の時はもちろん、高校生になってからも悩ませられることになる。

 

流石にヤバいと感じた僕は、とにかくガムシャラに勉強をすることにした。

勉強方法なんて知らない。

とにかく問題を解く。

それだけに徹した。

その結果、英語や国語は全然伸びなかったが、数学はちょっと伸びた。

そして、理科と社会は覚えればよいだけだから、だいぶ伸びた。

7月は偏差値が58だったのが、

8月には59。

9月には60。

10月には62。

11月には62。

12月には64。

12月に初めてB高校がB判定になった。

この時ばかりは、自分の努力が報われた気がして嬉しかった。

 

そこで、勉強の手を緩めたわけはなかったが、気が緩んだのか偏差値は急落してしまう。

1月には偏差値が61になり、

2月の最後の模試では、

58

になってしまった。

 

絶望した。

D判定。あと偏差値1低かったらE判定。

頭の中が真っ白になって、顔が青ざめた。

 

僕はすごく周りの目を気にする人間だったので、塾の友達や塾の先生など、周りの人間に落ちたと報告するのがとにかく嫌だった。

あとは塾の友達と同じ高校に行きたいという思いもあった。

だから、なんとしても県立高校に合格したかった。

スポンサーリンク

 

また、

落ちたら負け。人生に負ける。これで一生が決まる。

そんなように考えるまで、父親の洗脳は僕に効いていた。

 

志望校は下げられない。

R高校に挑戦するしか道はなかった。

 

模試の過去問や入試問題の過去問を解いていると、気づけば入試本番になっていた。

 

確か、すごく緊張したのを覚えている。

僕らの年の試験は難化して、全然分からない問題もたくさんあった。

それでも焦らず、一問一問冷静に解いた。

手応え的には、悪くはなかった。

 

そして、運命の合格発表日。

なんと合格していた。

”中学校内でコンスタントに40位以内に入っていなければ、合格するのが厳しい”

と言われているR高校に、40位以内に1度も入ることがなかった僕が合格してしまった。

事実として、僕より頭の良かった友達がたくさん落ちた。

 

これは試験が難化したことが大きく関係していると思う。

試験が難化すると、頭の中が真っ白になってしまう人が多くいる。

それで間違いの連鎖を引き起こしてしまう。

しかし、僕は頭が真っ白にならなかった。

常に落ち着いていられた。

だから受かったと思っている。

 

ちなみに、得点開示をすると、少し得意な数学でさえも半分ちょいしか点数を取れていなかった。

英語も国語も苦手だから、半分ちょいしか得点できず。

理科と社会で点数を稼いで、ギリギリ合格といった感じだった。

 

試験当日は、国数英の出来が悪かったが、一切気にせず理科と社会の試験に臨むことができた。

その結果として、理科と社会で得点を稼ぐことができた。

理科と社会をゴリゴリ暗記した成果を、試験本番でも発揮することができたのだ。

 

そして、僕はR高校に通うことになった。

次は高校生になってからの話だ。

壮絶!僕の大学受験体験物語 〜高校1・2年生編〜

スポンサーリンク

大学のパンフレットと図書カードが6月なら無料で手に入る!

6月限定で大学のパンフレットと図書カードが同時に無料で手に入ります。

普段は500円分ですが6月の今ならなんと1000円分も貰えます!

これはぶっちゃけ相当なレベルでオススメです。

なぜそんなにもオススメなのか?について解説をしたので、まずは1度以下の記事に目を通してみてください。

ヤバすぎる!スタディサプリの大学の資料請求は紹介したくないレベルでおすすめ!