英文解釈の勉強方法!ノートに書き出すオススメの回数は?

英文解釈の勉強はとても重要です。

この英文解釈の勉強は高校の授業でやることはほとんどないですが、僕自身英文解釈の勉強は重要だと考えています。

おそらく英語の成績が振るわないほとんどの人は、英文解釈を勉強したことがないのではないでしょうか?

これは英文解釈を勉強した人に聞くと分かりますが、英文解釈を勉強することで英文を見る目が変わります。

英文解釈の勉強をすることで、それまでただなんとなく左から右に流して読むだけだったのが、節や句に分けて英文を読むことができるようになります。

節や句に分けると聞くとなんだか難しそうですが、参考書を使って勉強していけば大丈夫です。

今回は参考書を使ってどのように英文解釈の勉強をしていけば良いのか?ということについて解説をしていきます。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

英文解釈っとは?

英文解釈とは簡単に言うと、英文法→英語長文に繋げるための勉強です。

もっと言うと、1つの英文の構造を紐解いて正確な英文の訳を取る勉強のことです。

英文解釈の代表的参考書とも言える基礎英文解釈の技術100では英文解釈について以下のように捉えています。

英文解釈には単語力・熟語力が必要なことは否定できませんが、何といっても文構造の把握が不可欠です。

文構造の把握とは、文法という「科学」を武器にして、英文の複雑な構造を解体・再構成して理解するということです。

(中略)

つまり、文法の基本を説明・確認しながら、それをすぐ解釈に適用するという手段を取っていますから、読み進むうちに解釈はもちろんのこと、文法もわかるようになります。

引用:基礎英文解釈の技術100

どうでしょう?英文解釈について何となく理解できたでしょうか?

 

より英文解釈の勉強をイメージしてもらうために、具体的な英文を使って解説をしていきます。

☆The girl called Emi called on Mike.

この文を訳してみてください。

訳せたでしょうか?

上の文で”call on”は訪問するという意味です。

英単語の意味はすべてわかると思います。

ですが、

文法書の文法知識だけで、

この文を読み解くのは少し厳しいと思います。

これは英文解釈の知識が必要な典型的な文です。

上の文の解説をしていきます。

”called Emi ”が”The girl”を修飾している。

だから・・・

”The girl called Emi” すなわち”絵美と呼ばれた女の子”が主語となります。

そしたらもう簡単でしょう。

“called on”は”訪問した”という訳になるから・・・

“絵美と呼ばれた女の子はマイクを訪問した”という訳になります。

いかがだったでしょうか?

これは英文解釈のまだまだ初級の文章ですが、英文解釈の勉強をもっと進めていくと

英語が苦手な人の多くが英文法さえ勉強すれば、英語長文が読めるようになると思っているのではないでしょうか。

そして英文解釈という勉強、そのものをまず知らないのではないでしょうか?

何を隠そう高校2年生までこの僕も、英文解釈の勉強そのものをまず知りませんでした。

しかし実際にやってみると分かる通り、英文法の勉強と英語長文の勉強のみで英語の成績を上げるには莫大な時間を必要とします。

なぜなら英語長文を読めるようになるためには、複雑な英文の構造を紐解いていく勉強が必ず必要となるからです。

模試なんかの下線部和訳問題で「単語の意味はなんとなく分かるけど、上手く訳せない・・・」という経験をきっと1度くらいはしたことがあるでしょう。

これは英文の構造を紐解くことができていないからです。

そしてこの英文の構造を紐解くためのトレーニングがまさに英文釈の勉強なのです。

そして英文解釈の勉強は、

英文法の勉強

英語長文の勉強

では集中的に出来ません。

なぜなら英文法では文法の知識しか学べないし、英語長文では1文1文にスポットライトが当てられることが少ないからです。

それが英文解釈の勉強では正確に英文の構造を紐解くために、1文1文にスポットライトが当てられます。

複雑な文章の1文1文にスポットライトが当てられることで、正確に英文の構造が紐解けるようになり、正確に和訳できるようになるのです。

そして英文の構造を紐解く勉強すなわち英文解釈の勉強を、英文法の勉強と英語長文の勉強の間に挟むことで、無理なく英語長文の勉強に進むことができるようになります。

これを読んでいるあなたは英語の成績をグングン伸ばすためにも、英文法→英文解釈英語長文のステップを踏んで英語を勉強していきましょう。

ちなみに成績を上げるためのもっと詳しい英語の勉強法については、以下の記事で解説しています。

 

英文解釈の具体的な勉強方法

では英文解釈が分からない人のために英文解釈の勉強について解説していきます。

英文解釈の勉強手順について解説をしていきます。

具体的な英語長文の勉強手順

0:今日やる範囲を決める。

(無理をしない程度に設定しましょう。)

1:まずは自分の力で訳し、文の構造を実際に紙に書いてみる。

初めて出会う文にはまず真っ向から、自分の力で挑んでみましょう。

英文解釈力を身につけることが目的なので、和訳だけでなく文の構造も書き出してみましょう。

この時文の構造を書き出すために問題文をコピーしておくことをオススメします。

2:分からない単語・熟語があれば注釈を見たり、調べてもう一度訳してみる。

単語・熟語が分かっていればベストですが、あくまで英文解釈力を身につけるための勉強なので、単語・熟語を調べてもう1度挑んでみましょう。

3:解答を見て、自分が導き出した和訳と文の構造のどこが間違っているかを確認する。間違えていたら印をつける。

ここで初めて自分が導き出した和訳と文の構造を模範解答と照らし合わせます。

1・2のステップで紙に書き出したことで、自分の考えのどこを修正すべきなのかを明確にすることができます

解説を熟読して正しい和訳と文の構造が何なのかを理解しましょう

間違った問題に印をつけることで、後で復習しやすくなります。

4:正しく英文和訳・構造把握ができるレベルまで仕上げる。

完全に理解することができたら、もう一度問題を見て模範解答と同じように、解答を再現することができるようになっているか確認をします。

もう一度紙に書くと時間がかかってしまうので、この時は紙に書く必要はありません。

5:音読をしながら返り読みせず英文和訳・構造把握ができるようにする。

返り読みせずに英文和訳・文構造把握ができるようにれば、その文章はほとんど完璧になったと言っても過言ではないでしょう

CDがあればシャドーイングも積極的に行っていきましょう。

6:1~5のステップを0で決めた範囲を全てこなしていきます。

今日の範囲を全て終えましょう。

7:全ての問題において英文和訳・構造把握ができるようになっているか確認します。

ここでも紙に書き出すステップは不要です。

頭の中で模範解答と同じ思考回路を再現出来ていればOKです。

また参考書を1周し終えたら、1周で終わらずに2周・3周と繰り返し、全ての問題で解答とその根拠を導き出せるようになりましょう。

この時は間違った印が付いている問題を中心に解きなおします。この時も紙に自分の解答を書き出す必要はありません。

 

書き出すのにはどうしても時間がかかるので、1度目のみ書き出すことを推奨しています。

返り読みせず英文和訳・文構造把握が再現できるようになっていればOKです。

2周目・3周目と繰り返し、2周目・3周目では以前よりもパワーアップしている自分を実感しましょう。

また2回・3回と間違った問題に関しては、2回・3回と印をつけていきます。

印がたくさんついているものに集中して復習をすることで、苦手な問題がドンドン減っていくとことでしょう。

どうですか?面倒だと思いましたか?

こういった勉強手順を推奨しているのは、僕が中途半端に参考書を3冊仕上げるくらいなら、完璧に1冊の参考書を仕上げるくらいの方が良いと実際に体感しているからです。

それに出来る人は、普段からここまで徹底してやっています。

そしてここまで徹底するからこそ、英語ができるようになるのです。

英語の成績を上げるのに必要なのは、

・英単語力

・英熟語力

英文法力

英文解釈

英語長文力

この5つの総合力です。

詳しくは以下の記事で解説をしています。

大学受験生のためのガツンと成績を上げるための英語勉強法!

英文解釈を勉強する際、英文解釈の知識以外の知識も身につけられるとさらに学習効率が高まります。

例えば英文解釈の文中には、忘れかけている英単語・英熟語・英文法が含まれている場面に遭遇することもあるでしょう。

その時そういった知識も身につけてしまおうという貪欲な姿勢で、参考書に取り組むことで得られる知識が何倍にもなります。

ですので英文解釈の勉強している時でも、

・英単語力

・英熟語力

英文法力

英文解釈

英語長文力

この5つの総合力を底上げする意識を常に持つようにしましょう。

最後にNGな英文解釈の勉強方法について解説をしていきます。

スポンサーリンク

 

英文解釈の解答をノートに何度も書き写すのはNG

英文解釈を勉強する上で、1度目は自分の和訳・構造把握を書き出すことを僕は推奨しています。

1度目に限り和訳・構造把握を書き出すのは自分の解答のどこが間違っていたのか?を明確にするためです。

そして2度目以降は紙には書き出すことはせず、頭の中でその解答を再現できるかを確認します。

これは、1つの英文を頭の中で和訳・構造把握が出来るようになることが1つのゴールだからです。

実際に入試や模試で英文を訳すときは、基本的に和訳・構造把握を頭の中ですることでしょう。

間違っても入試や模試で全ての問題の和訳・構造把握を書き出すなんてことは間違ってもしないはず。笑

それに何度も自分なりの和訳・構造把握をノートに書き出していたら、1冊の参考書を完璧にするのに時間がかかりすぎてしまうはずです

こういった理由で英文解釈を勉強する際、

・1度目は自分の和訳・構造把握を書き出す

・2度目以降は和訳・構造把握を頭の中で再現する

という勉強方法を推奨しています。

ただどうしても不安な問題に関しては、確認としてもう1度自分の和訳・構造把握を書き出してみても良いかもしれません。

 

いきなり英文解釈の勉強をするのはNG

英文解釈の勉強をする上で、まず英文法の基礎が固まっていることが絶対です。

英文法の基礎も固まっていないのに英文解釈の勉強をするのは、例えて言うなら足し算の仕方が分からないのに、分数の足し算の計算ドリルを解いてしまうようなものです。

英文法の基礎知識があるからこそ、英語を読み解く英文解釈の知識が頭の中にスルスルと入ってきます

もし英文法の基礎が固まっていない状態で、英文解釈の勉強をしてしまったら・・・

ちょっとした例もあげますね。

例えば強調構文と呼ばれる文法表現を、理解していないA君がいたとしましょう。

そのA君が英文解釈の勉強をしたとして、強調構文が使われている文章に出会ったとします。

強調構文が分からないA君は、当然のごとく文章を上手に訳せません。

そこで、A君は解説を見ることにしました。

ですが、強調構文についての解説が少なくて、イマイチ強調構文について理解することができません。

英文解釈の参考書では、あくまで文構造を把握できるようになる目的で作られているので、文法表現の解説はアッサリしていることが多いです。)

そこでA君が、

強調構文というものを文法書などで調べる。



文法書に書かれている、強調構文についての解説を読む。



強調構文の用法を頭に叩き込む。

というステップを踏んで英文解釈の勉強に戻る。ということを繰り返していたら、英文解釈の勉強に集中することができないでしょう。

A君の成績が上がるのは、いつになることやら・・・

詳しくは以下の記事で解説しているように、英文法→英文解釈英語長文のステップで勉強していくことが重要です。

くれぐれも英文法の基礎知識がない状態で、英文解釈の勉強に取り組むことは必ず避けましょう。

 

英文解釈の知識を深追いしすぎるのもNG

根拠立てて正解を導き出す行為は必要ですが、それを深追いしすぎるのはNGです。

これはどういうことかというと、

「どうして形容詞句は名詞や代名詞を修飾するんだ?」

というやや理屈っぽい問いを持つ人のことです。

あくまで僕らの目的は、英語を理解して正しく英文を読めるようになることです。

ですのでこういった問いを持つことは悪くはありませんが、こうした問いを持って勉強がしたい変態さんは大学に合格した後にぜひやっててください。笑

 

まとめ

英文法と英語長文の間に英文解釈の勉強を挟むことで、スムーズに英語長文の勉強に入ることができます。

僕は英文解釈を初めて勉強した時に、ある種の感動を覚ぼえたのを今でも覚えています。

英文法はある程度分かるけど、英語長文がイマイチ・・・

という人には特に英文解釈の勉強を絶対的に勧めたいと思います。

英語を得意にするためにも、ぜひぜひ英文解釈の勉強を頑張ってみてください。

なんだか英文解釈の勉強を称えすぎな気もしますが(笑)、きっと英語の見える世界が変わりますよ。

ちなみにオススメのの英文解釈参考書については、以下の記事で詳しく解説をしています。

英熟語参考書12選!大学受験生にオススメなのはコレだ!

また成績が上がる英語の具体的な勉強方法については、以下の記事で詳しく解説をしています。

大学受験生のための成績がガツンと上がる英語勉強法!

 

当サイト管理人トモミツの大学受験物語とは・・・

僕が受験生のときの壮絶な体験記を小説風にまとめてみました。

小説のような感じなので、サクッと読めると思います。

壮絶!僕の大学受験物語 〜はじまり〜

大学受験体験記のようなものなので、ぜひお読みください^^

また、受験生ならば必ず受け取っておきたい3大プレゼントを完全無料でお届けしています。

3大プレゼントの詳細はこちらから見れます!

スポンサーリンク